講師紹介

1.乳児保育

阿部 和子
Abe Kazuko

聖徳大学教授、大妻女子大学教授を経て現職。主な著書に『家庭支援論 子どもが子どもの生活をするために』『子どもの心の育ち 0歳から3歳 自己がかたちづくられるまで』(萌文書林)、『0歳児のすべてがわかる!―保育力がグーンとアップする生活・遊び・環境づくりの完全ナビ』(明治図書出版)、『子どもの育ちが見える「要録」作成のポイント』(中央法規)などがある。

⼤阪総合保育⼤学・教授

2.幼児教育

神長美津子

Kaminaga Mitsuko

國學院大學名誉教授・大阪総合保育大学特任教授。文部科学省幼児教育課教科調査官(入省当時文部省)、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官、東京成徳大学教授、國學院大學教授を経て現職。主な著書に『幼稚園、保育所、認定こども園対応 子どもの育ちが見える「要録」作成のポイント』(中央法規出版)、『魅力的で特色ある園をめざして よくわかるカリキュラム・マネジメントの進め方』(フレーベル館)、『3・4・5歳児のごっこ遊び 』(監修・編著、ひかりのくに)などがある。

⼤阪総合保育⼤学・教授

清水益治

Shimizu Masuharu

帝塚⼭⼤学 教授

帝塚山大学教授。大阪樟蔭女子大学助教授、神戸女子大学准教授を経て現職。主な著書に『新・基本保育シリーズ⑩ 子どもの理解と援助 』(中央法規出版)、『幼稚園教諭・保育所保育士・認定こども園保育教諭 保育者のための自己評価チェックリスト 保育者の専門性の向上と園内研修の充実のために 2017(平成29)年告示対応改訂版』(萌文書林)、『21世紀の学びを創る 学習開発学の展開』(北大路書房)などがある。

3.障がい児保育

松井剛太
Matsui Kouta

香川大学教育学部准教授。博士(教育学)。
広島大学大学院教育学研究科附属幼年教育研究施設助手、香川大学講師を経て現職。主な著書に『文化を映し出す子どもの身体-文化人類学からみた日本とニュージーランドの幼児教育』(翻訳、福村出版)、『発達が気になる子どもの行動が変わる! 保育者のためのABI(活動に根ざした介入)実践事例集』(執筆、福村出版)、『特別な配慮を必要とする子どもが輝くクラス運営』(中央法規)、『子どもの育ちを保護者とともに喜びあう: ラーニングストーリー はじめの一歩』(ひとなる書房)などがある。

⾹川⼤学・准教授

5.保健衛生・安全対策

秋山 千枝子
Akiyama Chieko

・保育士等キャリアアップ研修会 専門分野研修「保健衛生・安全対策」2019年6月20日(木)~6月22日(土)(第66回日本小児保健協会学術集会会期中)

・多職種のための発達障害の研修会2019(平成31)年1月20日 他

あきやま⼦どもクリニック・院⻑

6.保護者支援・子育て支援

矢萩 恭子
Yahagi Yasuko

和洋女子大学人文学部教授。田園調布学園大学大学院教授等を経て現職。お茶の水女子大学・東洋英和女学院大学の非常勤講師、千葉県子ども・子育て会議委員、江戸川区児童福祉審議会部会長などを務める。主な著書に『保育・教育ネオシリーズ⑨保育者論―共生へのまなざし』(共著・同文書院)、『子ども・保護者・学生が共に育つ 保育・子育て支援演習―保育者養成校で地域の保育・子育て支援を始めよう』(共著・萌文書林)などがある。

和洋⼥⼦⼤学 教授